名古屋で引越し費用をお得にする4つの手順|不用品回収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋で引越し費用をお得にするため|不用品回収とは

あなたは今、新居にかかる費用があるのに、さらなる出費は避けたいのではないだろうか?

引越し費用が思った以上にかかる事にあきらめてはないだろうか?

その理由は非常に簡単で、あなたが今まで捨てるという事を軽視していたからである。

当ブログはあくまでも不用品回収業者のブログであるからとして、捨てさせようという意図のブログではない事を後に紹介したい。自作自演というのはすぐに分かってしまうものですから。

そこで本日は業界を知っているからこそ、引越しの費用をお得にするためのノウハウをご紹介する。

ぜひ、参考にして欲しい。

 

1.引越し日程の目測


引越しが集中する時期と時間を知る

引越し料金が最も高くなる時期は、新年度や新学期を控えた2月~3月が1年の中で引越しが集中する時期です。その他の時期では「連休」や「大安」などの吉日に引越しを希望されるので、良い日取りには必然的に引越しが集中します。

また時間帯で最も高くなる傾向は「午前中」や「朝一番」でしょう。誰もが午前中に引越しを済ませ、午後から片付けしたいからである。

そこで業者側から見た視点で考えると、「忙しい時期の午前中に集中する」より「暇な時期の午後に仕事が欲しい」事が分かる。

とは言っても、急な引越しのため時期時間が調整しにくい方も多いでしょう。予めスケジュール時期を考え調整できる方は問題ないが、時期の選択余地がない方は少しでも日程や時間を調整してほしい。時間がないのではなく、自ら時間を作らない事が多いのが「よくあるお客さん」ですから。

 

引越し日時の仮確定

引越し日を決めるのは、この時点で決めるのではなく、おおよその日取りだけ決めることにする。例えば3月8日・9日あたりとか、2日間~7日間くらい猶予があると良い。

その中で、例えば9日(仮日)に引越しする予定とだけしておこう。後に紹介する業者とのやり取りで、最安の日時が引越し日時となるからである。

時間帯も午前中(仮時間)の予定とだけしおく。これも業者とのやり取りで、最安の時間帯が引越し時間となるからである。

大事なのは通常の引越し費用を1円でも安く抑えるという事が重点だからであり、今現在考える引越し日は二の次である。

 

 

2.不用品を処分する事がお得と知ろう

不用品を処分する事がお得?とは。その理由は以下の3つだ。

1.運搬するものを最小限にする。

2.使わない不用品は費用の足しにする。

3.ゴミに無駄な時間を使わない。


仕分け

引越し業者に見積もりを依頼すれば分かることだが、冷蔵庫1点、洗濯機1点、ベッド セミダブル1点・・・とチェック項目がある。その中でチェックされなければされないほど安くなる。

そこで運搬するモノの中でも、特に大きなもので料金がかかるものを把握する。

・家具類として タンス類、ベッド類、ソファ類、テーブル類

・家電類として テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン

これらを買い替えるならば、古いものを引き取ってもらい新居へ配送してもらえば話が早い。しかし引き取ってもらえないものや古い家電には引き取り料金ががかかるものがあり、個々で処分するには何かとお金がかかり時間を取られる。自分で処分するには1つ1つのリサイクル料や粗大ゴミ処分費用を市に申請して負担し、指定した場所や日時に持っていかなければならない。そこでまとめて処分できるのが不用品回収なので利用しない手はない。

 

使わないものは売ってしまう

「使わないものはいらないもの」と言う信念のもとで整理していると、売れるものが出てくるという事。今では簡単にネット上で売買できたり、買取店舗もたくさんある。これを利用しないのは勿体ない。思った以上に高値で売れればその分費用の足しとなるわけなのですから。

自分で売れるものを買取店へ持ち込んだり、ネットで売買するには何かと手間がかかるが、これらもまとめて不用品回収で買い取ってもらえる。

高値で売れそうなものがあれば、他の大型家具や家電類の処分費、細かなゴミ処分費と相殺され無料もしくはお金をもらって全て処分してもらえる場合がある事で、時間も節約でき一石二鳥となる。

 

甘く見てはいけない細かいモノ

数年も住んでいると、いつの間にか細かいモノは増え、捨てるに捨てれず、あれもこれもと新居に必要な細かい物としてしまうと引越し料金にも響き、自分で運ぼうにも大変な量となり、午前中に業者の引越しが終わっても午後から細かいモノが入った何十箱の段ボールに追われて、その日は片付けもできないだろう。

やはりそこも仕分け段階で「捨てるものは捨てる決断」が必要になる。捨てるものが決まれば、大きなものと合わせて不用品回収にまとめて引き取ってもらっても損はない。

 

名古屋の不用品回収業者

名古屋の不用品回収業者をざっとピックアップしてみる。相談は無料の所が多いので、気軽に聞いてみるのをお勧めする。

■不用品回収エース 0120-591-910 ■不用品回収エコーズ 0120-530-852 ■不用品回収ピース 0120-753-919
■トップサービス 0120-377-205 ■グッドサービス 0120-952-005 ■キャリーアウト 0120-852-009
■愛知かたづけ本舗 052-624-7887 ■名正リサイクル 0120-43-0618 ■不用品回収.com 0120-840-530

名古屋の不用品回収業者は、まだまだ他にもたくさんある。

 

 

3.業者を選定するには?

今まで説明した1,2の内容は準備段階で、 いよいよここからが本番となる。おさらいすると、「1.引越し日時は仮日仮時間帯」「2.運搬するモノはできるだけ最小限にする」という事。


業者に見積り

それでは名古屋の引越し業者をピックアップしてみよう。

■アート引越しセンター 0120-0123-33 ■JRC日本引越センター 0120-039-754 ■MSブラザーズ引越センター 0800-200-3578
■アーク引越センター 0120-03-0003 ■愛知引越センター 0120-92-7548 ■引越センターアイキョー 0120-193-154
■サカイ引越しセンター 0120-00-1141 ■タイツウ引越センター 0120-374-104 ■引越一番 0120-154-313
■アリさんマークの引越社 0120-00-2626 ■ジョイン引越しドットコム 0120-32-9020 ■中央引越センター 0120-36-2020
■ハート引越センター 0120-66-8110 ■ティーエスシー引越センター 0120-932-976 ■ウェルカムバスケット 0120-0754-83

ざっと大手から地域密着の業者まで挙げてみたがまだまだ検索すればこの他にもある。業者を決める流れとしては

1. 最低3社以上の業者に出張見積りしてもらう。多ければ多いほど良い。

2.見積訪問で「仮日仮時間・運搬するモノ」をチェックしてもらい見積りしてもらった後、「安くなる条件はないか聞く」

3.相見積もりをしている旨を伝え、その場では決めない。

ここでは「安くなる条件」が重要となり、引越し日時もこの段階で決まってくる。安くなる条件としては、例えば「仮日のXX時~」や「仮日ではなくXX日」など。その業者にとって都合の良い日時が割引対象となってくる。さらに暇な時期なら尚更割引金額も違ってくる。

割引された見積もりが出た後、もっと欲を出して言えるなら、「これもサービスで運んでもらえますか」とか「この時間帯で同じ値段になりませんか」など、自分の都合を主張して、さらに好条件にできるよう交渉する。

 

業者の絞り込み

各社の見積もりが出たところで、「金額・安心・都合の基準」で、希望の業者が見えてくるはずです。それでも納得がいかない場合は、さらに他業者に出張見積りしてもらうのをお勧めする。

 

 

4.不用品・見積りの再検討

・3社以上の見積もりが出たところで、「一番安い見積金額」を「一番良さそうに思った業者」へ、「XXX社はXXXX円ですが同じ値段になりませんか」と交渉する。

・金額が納得いかない場合は、運搬するモノを再検討し不用品と決断、または業者の都合が良い引越し日時を再検討してみる。

 

 

まとめ:引越し費用は抑えられる

これまで長々と説明させてもらいましたが、費用を抑えるのは簡単です。大事なのは自分が一番満足できる引越しをできる事が幸せかと感じます。

お読み頂きありがとうございます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017.2.11

    当社は営業電話は一切しておりません!

    名古屋不用品回収エースをいつもご愛顧賜り誠にありがとうございます。
  2. 2015.9.24

    お客様の声ご紹介

    いつもご愛顧ありがとうございます。
  3. 2015.6.20

    ゴミ回収業者としてのお約束7ヶ条

    かたづけ業者として思う事。 父ちゃんたちがかたづけます。
  4. 2015.5.13

    名古屋で引越し費用をお得にする4つの手順|不用品回収

    名古屋で引越し費用をお得にするため|不用品回収とはあなたは今、新居にかかる費用があるのに、さらな...
  5. 2015.2.3

    法人向けサービス

    名古屋市をはじめ愛知県内のオフィス、倉庫、店舗などオフィス家具、事務用品、厨房機器などの不用品・粗大...

過去の記事

2017年2月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728